投資の教科書

株式投資20年の投資家が語る 絶対に知っておくべき投資の真実

*

国債暴落デーはオリンピック後?!

 

 超上から目線の投資の教科書、久々の更新。でも今日登場するのは、今まで頻繁に出てきたシャープウォッチャーではない。CBも償還されちゃったしね。でも、前回言ったようにCB返した後のほうが怖いかも、ってことで、またまた倒産カウントダウンが始まったら登場するかもしれない。

 さて、今日の話は、同じカウントダウンでも今日は国債の暴落のほう。こっちもいつ来るか?!と思われているが、とうとう始まったかもしれない。というより、逆にしばらくは持ち堪えるが、暴落ターゲットは決まったと言うべきか。

 そう、タイトルの通り、暴落ターゲットは東京オリンピック後だ。

 日本の政府債務のGDP比は、世界でもトップクラスだ。 「日本は資産があるから大丈夫」なんていう誰かさんの説を本気で信じている人が少ながらずいるが(この信者、意外と多い)、その誰かさんはある目的を持ってそう言っているだけなので、目を覚まそうね。

 だってね、資産を引いてもやっぱり債務比率はダントツトップだし、もっと言うと日本政府が保有する資産のうち、換金性が高くて資産価値があるものって2割程度しかないのだよ。 だから資産があるから大丈夫なんてのはウソっぱちだからね。

 ということで、日本はどっかのタイミングで国債の消化が出来なくなる。で、国債の価格が下がっちまうのだ(金利は上がる)。

 当然ながらこれに目を付けるヘッジファンドだってある。これまでかなり多くのヘッジファンドが国債の売り攻撃を仕掛けてきたのだが、これまでの国債の価格を見てもわかるように、暴落するどころか値上がり(金利は下落)してしまった。で、引き際が悪かったヘッジファンドは玉砕。

 しかし!ヘッジファンド諸君よ、今度という今度は暴落の確率はかなり高いかもしれないよ(とっくにそう思っているよね)。

 なぜ、オリンピック後に暴落する確率が高そうだと言えるのか。ひとつは、とにかく公共事業が増えていること。で、これからもその流れは変わらないこと。

 まず、 今年2月に政府は10兆円もの景気対策を行っている。 消費税増税の根拠となった4~6月期のGDPがなぜか好調だったのは、 公共事業で10兆円をばらまいたから。 というより、このタイミングでGDPの数字がよくなるように財務省が計画したからだけどね。

 でも今度は消費税増税後に景気が失速するかも?!といって、さらに大型の補正予算を求める声のオンパレードになった。 財務省はこれに抵抗できず、昨年に引き続いて補正予算を組み、そんでもって来年度も大型予算を組むハメになった(財務省もそこまで考えなかったのかね、っていうか財務省は増税さえできれば、あとはどうなろうと知ったこっちゃないか)。

 で、東京オリンピックときた。競技場にも莫大なカネがかかるが、それ以外にもオリンピックを開催するのに、しょぼいインフラでいいのか?ってことになってどんどん公共事業をやる羽目になる。もう国債の残高を減らすどころじゃないね。

 さらにさらにタイミングの悪いことに、オリンピックが終わる2020年は、 政府が財政再建完了を公約した年でもある。 2020年までにプライマリーバランスを黒字化しますって約束しちゃったわけだ。 今のところ日本国債への信認が崩れていないのは、この公約があるからだ。

 しかし、さっき言ったように、これからずっと大型予算が続けば、消費税を10%にしたところで、2020年の黒字化なんてどうひっくり返っても無理だろう。なぜだか日本が儲かって儲かって仕方がない状況になって税収だけでやっていけるようになるとか、オリンピックまでは年金は払わないぞ!くらいのことしないとダメでしょ。

 そしてオリンピック終了後には反動で不景気がやってくるだろうし(って今も不景気?)、ここでまたまたヘッジファンド登場!リベンジじゃ!

 安倍政権って最初は、外国人投資家を呼び込みたかったから、財政出動に加えて規制緩和とも言ってたよね。でも、規制緩和策のほとんどは抵抗勢力の猛反発に合ってほぼすべて見送りになってしまった。まあ、抵抗勢力って言っても、これ日本人全体のことだけどね。日本人は規制緩和にはノー、お国の公共事業で食わせてくれってことだから。なので、アベノミクスも完全な公共事業依存型になって当然だね。こうして、オリンピックまで問題先送り状態、オリンピック終了後に噴出となるわけだ。

 さて、長々とオリンピック後に国債が暴落するであろう理由を書いてきたが、これを踏まえ何に投資をすればよいか。もし日本国債が暴落すれば、株安、債券安、通貨安のトリプル安になると考えられる。となると、国債価格の下落で利益が出る特殊なポジションを組んでいない場合、 もっとも有効な防衛手段はやはり外貨ということになる。外貨→ドル?→米国株?米国債券?えー?!結局米国債?!米国債も大暴落って言われてなかったっけ?いつの間にか日本国債がごぼう抜きってか。

 

【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
なぜあなたは出世できないのか?
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品ガイド
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

no image
なぜ住宅ローンを組んではいけないと言われるのか(中編)

 前回の続きで、頭金300万円と2700万円の借入で3000万円の住宅ローンを組 …

no image
投資の世界が胡散臭く見えてしまうワケ(後編)

 投資理論というのは、何度も言うように絶対的なものではなく、1つの考え方と言って …

no image
CB利回り20%のシャープは倒産か(中編)

 シャープ(コード:6753)の業績が悪化していることはもう有名だが、特に今年度 …

no image
ルネサスと革新機構と外資ファンドと

 しばらくシャープの動きがないので、今回はシャープではなく、経営再建つながりでル …

no image
「デフレがよかった・・・」と思う時代がやってくる?(前編)

 久しぶりにシャープ(やルネサス)以外の話。いや、ほんのちょっとは関係あるか・・ …

no image
続:シャープが倒産するかどうかは銀行次第?(後編)

 前回は、「シャープの発表ではないが、4-9月期の赤字が8月に予想していた数字の …

no image
すぐには役に立たない話。でもいつか役に立つ話シリーズ1:アメリカがえらいことになっているぞ(中編)

 オバマ政権2期目の人事がすごいことになっているぞ、という話の2回目。前回の国務 …

no image
便りがないのは悪い便り~週明けに何か起きそうな?シャープ

 「便りがないのはよい便り」という慣用句があるが、日本では当てはまらないことが多 …

no image
シャープのCBと同じ「利回り20%」の投信ってのはどうなんだ?!(前編)

 そういえば、一度利回り30%を超えたシャープのCBも今日8/15は22%まで戻 …

no image
すぐには役に立たない話。でもいつか役に立つ話シリーズ1:アメリカがえらいことになっているぞ(前編)

 最近、アメリカの潮目が変わったようだ。一応「ようだ」と入れておいたが、ほぼ確実 …