投資の教科書

株式投資20年の投資家が語る 絶対に知っておくべき投資の真実

*

ルネサス、5ヶ月間何やってた?!

 


 ルネサスちょこっとウォッチャー5ヶ月ぶりの登場。

 そう、5ヶ月前とは、ルネサスに革新機構たちが出資するという発表があったときだ。このとき、
 「ルネサスが潰れた後に責任を取るのは誰?っていうか、もうどうでもいいか?」の中で

 ・産業革新機構が言ってること
  「役員派遣して影響力行使するぞ!」
  「でも、意思決定はしないよ!」
  ・・・????

 ・ルネサスが言ってること
  「え?国営化?知りませーん」
  「誰が国の言うことなんか聞くかよ!」

 産業革新機構は決め事は有識者にやってもらうと言っているし、ルネサスはカネだけもらって好き勝手にすると言っている。

と書いた。誰が責任者なのかわからないし、何をするのかもわからない状態だということだ。それから5ヶ月経ち、その間、2月に出資の受け入れが決定し、社長も交代した。

5/9の決算発表では、純利益が1676億円の赤字ということだったが、前期の600億の赤字に後期のリストラ費用の900億(7500人リストラ)が加わって、あとは諸々ということでこんなもんなんだろう。

でもって9月末までにさらに3000人リストラするらしい。また400億円くらい必要になるね。

・・・それだけ?この5ヶ月間で決まったことは、結局1万人リストラする(した)ってことだけ?経営計画の策定もまだのようだし、業績予想も開示できる状態ではないらしい。そういえばこの日、オムロンから新CEOが来たようだが、ホントそれだけだ。

 5ヶ月間一体何をやってたんだ?想像以上に彼らの時間の進みは遅いのか?

 増資が完了するのは9/30らしいがそれが終わるまで誰も何も決めないのか?

 いや、そうでもないらしい。2月末に就任したばかりの新社長・鶴丸氏は、4月には部署を半分弱減らしている。マイコンとLSIくっつけちゃったりして。これで少しはスピードがアップするか?

 と思ったがやっぱり無理かも。だって、新社長の目標は雑誌のインタビュー記事によると「愛される、明るい会社」だ。この期に及んで「愛され」なんてありなのか?この言葉に何か重大な意味をもつ暗号でも隠されてない限り、もうグダグダで判断能力がなくなっているようにしか見えない?

 さて、国有化される10月まで、この調子でのらりくらりとやっていくのか、これから鶴丸社長の恐るべき能力が発揮されるのか?いや昨日就任した作田新CEOが次の5ヶ月でとんでもなくハイスピードで改革を行うのか?

 では、5ヶ月後に会おう。あ、その前に面白いことが起こればまた来るよ。

 

【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
なぜあなたは出世できないのか?
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品ガイド
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

no image
天才でも強運でもないフツーの投資家がすべきこと(中編)

 前回は、フツーの投資家がすべき経験と勉強のうち、経験について述べた。今回は勉強 …

no image
シャープ、やっぱりホンハイと破局。一方で50億もらうのに必死

 シャープウォッチャー、一応チラッと登場。特に用はない。  わかっていたことだが …

no image
卵は1つの籠に盛れ

 投資の格言だの教訓だのといわれるものの1つに「卵は1つの籠に盛るな」というもの …

no image
CB利回り20%のシャープは倒産か(中編)

 シャープ(コード:6753)の業績が悪化していることはもう有名だが、特に今年度 …

no image
「デフレがよかった・・・」と思う時代がやってくる?(後編)

 前回は、「デフレの原因は何か?ってか、デフレじゃないし」というところで終わった …

no image
なぜ住宅ローンを組んではいけないと言われるのか(後編)

 前回、住宅ローンが投資だということがわからないなら投資はやめたほうがよい、と述 …

no image
なぜ住宅ローンを組んではいけないと言われるのか(中編)

 前回の続きで、頭金300万円と2700万円の借入で3000万円の住宅ローンを組 …

no image
複雑な商品ほどよく売れる~利回り20%の投信などバカなやつに買わしとけ(前編)

 前回の毎月分配型の投資のところで少し書いた「通貨選択型」投信についてもひとこと …

no image
クアルコム、もうシャープに用はなくなった?!

 シャープウォッチャー約2週間ぶりの登場。特に状況は変わっていないが。で、特に書 …

no image
なぜ住宅ローンを組んではいけないと言われるのか(前編)

  世の中の雑誌や本などでは、住宅ローンを積極的に勧めているかと思えば、住宅ロー …