投資の教科書

株式投資20年の投資家が語る 絶対に知っておくべき投資の真実

*

ルネサス、5ヶ月間何やってた?!

 


 ルネサスちょこっとウォッチャー5ヶ月ぶりの登場。

 そう、5ヶ月前とは、ルネサスに革新機構たちが出資するという発表があったときだ。このとき、
 「ルネサスが潰れた後に責任を取るのは誰?っていうか、もうどうでもいいか?」の中で

 ・産業革新機構が言ってること
  「役員派遣して影響力行使するぞ!」
  「でも、意思決定はしないよ!」
  ・・・????

 ・ルネサスが言ってること
  「え?国営化?知りませーん」
  「誰が国の言うことなんか聞くかよ!」

 産業革新機構は決め事は有識者にやってもらうと言っているし、ルネサスはカネだけもらって好き勝手にすると言っている。

と書いた。誰が責任者なのかわからないし、何をするのかもわからない状態だということだ。それから5ヶ月経ち、その間、2月に出資の受け入れが決定し、社長も交代した。

5/9の決算発表では、純利益が1676億円の赤字ということだったが、前期の600億の赤字に後期のリストラ費用の900億(7500人リストラ)が加わって、あとは諸々ということでこんなもんなんだろう。

でもって9月末までにさらに3000人リストラするらしい。また400億円くらい必要になるね。

・・・それだけ?この5ヶ月間で決まったことは、結局1万人リストラする(した)ってことだけ?経営計画の策定もまだのようだし、業績予想も開示できる状態ではないらしい。そういえばこの日、オムロンから新CEOが来たようだが、ホントそれだけだ。

 5ヶ月間一体何をやってたんだ?想像以上に彼らの時間の進みは遅いのか?

 増資が完了するのは9/30らしいがそれが終わるまで誰も何も決めないのか?

 いや、そうでもないらしい。2月末に就任したばかりの新社長・鶴丸氏は、4月には部署を半分弱減らしている。マイコンとLSIくっつけちゃったりして。これで少しはスピードがアップするか?

 と思ったがやっぱり無理かも。だって、新社長の目標は雑誌のインタビュー記事によると「愛される、明るい会社」だ。この期に及んで「愛され」なんてありなのか?この言葉に何か重大な意味をもつ暗号でも隠されてない限り、もうグダグダで判断能力がなくなっているようにしか見えない?

 さて、国有化される10月まで、この調子でのらりくらりとやっていくのか、これから鶴丸社長の恐るべき能力が発揮されるのか?いや昨日就任した作田新CEOが次の5ヶ月でとんでもなくハイスピードで改革を行うのか?

 では、5ヶ月後に会おう。あ、その前に面白いことが起こればまた来るよ。

 

【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
なぜあなたは出世できないのか?
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品ガイド
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

no image
卵は1つの籠に盛れ

 投資の格言だの教訓だのといわれるものの1つに「卵は1つの籠に盛るな」というもの …

no image
便りはあったがよい便り?~真偽不明のインテル出資報道でシャープの株価急騰

 このコラムだが、最近はもうシャープのネタばかりになってしまっているので、この際 …

no image
シャープが倒産するかどうかは銀行次第?(後編)

 前回は、シャープがオロオロして当事者能力がなくても、銀行はとりあえず2000億 …

no image
孫さんをなめるな!スプリントを買ったのは、そこにスプリントがあったから

 今回は、ソフトバンクネタを。  10/15にソフトバンク(東証1部:9984) …

no image
CB利回り20%のシャープは倒産か(後編)

 前回、シャープ倒産の可能性をホンハイとの提携交渉の経過に着目して考えてみた。今 …

no image
続:シャープが倒産するかどうかは銀行次第?(後編)

 前回は、「シャープの発表ではないが、4-9月期の赤字が8月に予想していた数字の …

no image
投資家は評論家になってはいけない

 投資家の中には少なからず評論家がいる。評論家といっても本物のことではない。巷に …

no image
便りがないのは悪い便り~週明けに何か起きそうな?シャープ

 「便りがないのはよい便り」という慣用句があるが、日本では当てはまらないことが多 …

no image
「初心者は長期投資」というのはウソ

 よく「初心者は長期投資をすべき」と言われているのを耳にするが、当たり前だが、そ …

no image
複雑な商品ほどよく売れる~利回り20%の投信などバカなやつに買わしとけ(後編)

 前回の続き。毎月分配の高配当の理由が必要になってきたことで登場した「通貨選択型 …