投資の教科書

株式投資20年の投資家が語る 絶対に知っておくべき投資の真実

*

すぐには役に立たない話。でもいつか役に立つ話シリーズ1:アメリカがえらいことになっているぞ(中編)

 


 オバマ政権2期目の人事がすごいことになっているぞ、という話の2回目。前回の国務長官ジョン・ケリーと並んで、オバマの政治色ムンムンの政治家は国防長官のヘーゲル。そのヘーゲルさんはこんな人。

国防長官候補 チャック・ヘーゲル元上院議員

 ベトナム従軍で勲章をもらった英雄。その後ビジネスで大成功し上院議員へ。

 で、なんと共和党員!だが共和党にも関わらず、ブッシュ大統領のイラク戦争を公然と批判。オバマと意気投合している。

 さらに驚くべきことに、核兵器の廃絶論者でしかも反イスラエル主義。日本ではピンとこないが、米国でイスラエル嫌いを口にするのはかなり危険。オバマも本音ではイスラエルを嫌っており、ヘーゲルとの相性は抜群。

 核戦略を転換する可能性もあるという点で、彼の言動も要チェックだ。こっちは具体的に銘柄に効いてくるかもしれないしね。

 そして、ケリーさん、ヘーゲルさんほどはないが、注目の人物がもう二人。ルーさんとブレナンさんだ。

財務長官 ジャック・ルー主席補佐官

 ケリー、ヘーゲルとは逆のガチガチの官僚肌で、財政と税制のプロ。クリントン政権で行政管理予算局長を務めたほか、オバマ政権でも行政管理予算局長に就任している。

 予算の細かいことまで熟知している。財政の崖問題では、共和党との交渉窓口となり、延々交渉を続けて共和党を辟易させた。

 財務長官なのに、ウォールストリートの経験はほとんどなし。オバマのウォールストリート嫌いがモロに発揮されている。

 でも、敬虔なユダヤ教徒ゆえ安息日には働かないんだよ。メリハリ利きすぎ。

CIA長官 ジョン・ブレナン国土安全保障・テロ対策担当 大統領補佐官 

 プロパーでCIAに入局した諜報活動一筋のスパイ屋。無人機を使ってテロリストを殺しまくっている。なので?ほとんど笑うことがない。指名会見の席でもオバマ大統領に「彼はなかなか笑わないんです」と紹介され、ぎこちなく苦笑いしたくらいだ。

 オバマ大統領の選挙期間中からアドバイザーをつとめており、大統領の信頼は厚い。

 ウラの噂では、不倫で失脚した前CIA長官の事件に関与しているという人もいる。前長官は共和党寄りで軍出身。オバマ大統領にとっても不都合だし、CIAプロパーのブレナン氏にとっても不愉快。状況証拠は揃っている。

 仮にウソでもそのような噂が出るだけで、オバマは怖いということになり効果抜群。やるねー。さすがゴリゴリのスパイ。それよりもブレナンを鮮やかに使いこなしているオバマがやっぱり怖い。

 さて、こんな「オバマと愉快な仲間たち」が集まっちゃうとどうなるか。って話は次回に。


【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
なぜあなたは出世できないのか?
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品ガイド
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

no image
シャープの片山会長、退任???

 久々にシャープウォッチャー登場。今回も特に用はないのだが、そういえば・・・   …

no image
クアルコム、もうシャープに用はなくなった?!

 シャープウォッチャー約2週間ぶりの登場。特に状況は変わっていないが。で、特に書 …

no image
シャープ1000億増資って「公的資金で資産買取」とセット?

 シャープウォッチャー1ヶ月ぶりの登場。久々の登場にはそれなりのわけがある。この …

no image
とりあえず覚えておいて損はない基礎知識

 投資をする際にあると便利なのが、マクロ経済の知識だ。経済と聞いただけで引いてし …

no image
投資理論なんかクソ食らえ

 前回の卵の話に関連して、投資理論の話をしよう。「卵は1つの籠に盛るな」というリ …

runesasu
ルネサス、5ヶ月間何やってた?!

 ルネサスちょこっとウォッチャー5ヶ月ぶりの登場。  そう、5ヶ月前とは、ルネサ …

no image
市場は操作されているなどというくだらん陰謀論を信じるヤツは株などやめてしまえ

 投資関連のネットの掲示板は、相場が一部のプロたちに操作されているといった陰謀論 …

no image
シャープ周辺の怪しげな動き~ホンハイと提携せず、公的資金投入か(後編)

 前回の続きで、週末から今週にかけてあったシャープ周辺の怪しげな動き下記3つ   …

no image
リスクは取れ。ただし原則1つだけ。

 前回までの話と少し重複するが、現在の状況でも経済理論でも何でも単純化すべきとい …

no image
アメリカがひきこもると日本は中国のものになる?!(3)

  前回の続き。といってもだいぶ間が開いてしまったので、  アメリカがひきこもる …