投資の教科書

株式投資20年の投資家が語る 絶対に知っておくべき投資の真実

*

「デフレがよかった・・・」と思う時代がやってくる?(後編)

 


 前回は、「デフレの原因は何か?ってか、デフレじゃないし」というところで終わった。今回はその続き。

 で、デフレ(ではないんだが)は金融政策で治るものではないのに、みな金融緩和をしろの一辺倒で、日銀がイヤイヤ緩和をしているのが今の状態だ。

 そりゃそうだ。政府は構造改革なんて痛みを伴うことはしたくない。だから対処も責任も日銀に押し付ける。

 そして、効果がないだの不十分だのといっている足元で何が起こっているか?そう、じわじわと円安が進行しはじめている。

円安が進むとしたら、日本が衰退しているから

 これが本格的な円安のはじまりかどうかわからないが、もしそうだとしたら、この原因もまた金融緩和ではない。ずばり国力が衰退しているからだ。

 すでに日本は原発を停止しており、石油をガンガン輸入し貿易赤字は定常化している。いつ円安にふれてもおかしくない状況だ。

 もし本格的に円安が進行していったら、本当に地獄が始まる。インフレの恐ろしさが身にしみてわかるようになるのだ。

 「いや、日本は円安になったら、輸出産業がもうかってウハウハなのだ」と思っている人、それは甘い幻想だ。円安になっても製造業は復活しない可能性が高い。

円安で製造業復活?ナイナイ

 だって、日本の製造業にはもう競争力はないから。ほとんどの人がまだ「ものづくり大国」とか「日本の底力」とか言って自画自賛しているけどね。

 まあ、円安になれば、本当に製造業に競争力がなかったことがいやでもわかる。

 しかし、きっと正当化したり言い訳したりするのだろうね。今は、円高とデフレが原因だと人のせいにしているしね。

 おそらく製造業が円安でも復活しないことが明らかになったら、「産業が空洞化したからだ」「国内に工場を残しておけばこんな風にならなかったはずだ」と言い訳をするのだろう。日本人は怠ける理由を挙げるのは得意だ。

 で、空洞化を引き起こしたのは誰だ?!と大騒ぎして誰か叩けるヤツを適当に見つけてきて吊るし上げるんだろうね。これも、日本人得意。

 まあ、いずれにしてもどのみちインフレになるのは間違いない。

インフレにはなるが、ハイパーインフレは起こらない

 しかし、ラッキーなことに、日本はお金を持っているから、いきなりハイパーインフレにはならない。日本には莫大な投資収益があるから(外貨を獲得できるので)、一瞬でハイパーインフレになることはないのだ。

 つまり、日本はカネがカネを生み出す虚業の国なのだ(あれ?日本人ってアメリカのことをカネでカネを作る虚業の国だと散々非難していなかったっけ?)。

 また、日本は為替が自由マーケットだから、突然国債がゼロになることはない。国債の値段が下がり金利が上がっていき、為替が切り下がっていく。為替と金利で徐々に実態の価格を形成していくのだ。

 日本が貧乏になっていくのと、国債の買いすぎで、銀行に金がなくなると国債の消化がとまる。これで国債が発行できなくなる。消化能力以上には消化できない。

 ただ、日銀が無制限にマネーを供給したら、体力以上に国債が買えてしまう。つまり赤字財政が続けられてしまう。本来できないはずなのに続けていれば財政の信任は下がる。そしていつか国債は値下がりする。

 しかし、さっきも言ったように、莫大な投資収益(外貨)があるので、国債の値段が下がれば買い戻す人はいる。日本は資本金がたくさんある会社ってことで、今がチャンスかも、と投資をする人はいる。だから一気に暴落することはない。

ゆっくりと貧しくなっていく茹で蛙状態

 とはいっても、徐々には下がっていく。そうなると、為替もきり下がっていく。ハイパーインフレにはならなくても、為替が下がっていって、円安が止められない状態になる。

 まだ資産があるから破滅的なハイパーインフレにはならなくても、資産を食い潰すまで国債と為替の値段は下がりつづける。で、マイルドなインフレとなる。

 次の総理大臣になる気満々の人は、インフレターゲット1%とか言っているようだが、そりゃすぐなるわな。1%どころじゃないけど。でもそれはそのターゲットのおかげじゃないですから。

 このマイルドな持続的インフレは止めようのない貨幣価値の毀損だ。国債の値段が下がれば下がるほど日銀のバランスシートが悪化して円が売られ、10~20年かけて為替が切り下がっていく。もっと早いかもしれないけどね。

 輸入品や石油の値段は上がっていき、生活が苦しくなる。徐々にすべてが値上がりし、こうして毎年どんどん貧しくなっていく。

 と、しつこいくらい日本が貧乏になる、円安・インフレで生活が貧しくなる、と書いてきたが、だったら、どうすればよいか?

 答えは簡単だ。海外で投資をすればよい。円安・インフレで大儲けだ。
 インフレでトクをするのが資産家・投資家、損もトクもしないのが無一文でその日暮らしの貧乏人。

 一方、インフレになると困るのは、給与所得だけが頼みの綱である大企業のサラリーマンや公務員、年金生活者だ。おかしなことに、円安・インフレで生活が苦しくなるこの人たちが今、「デフレはけしからん!」と言っている。デフレのほうがトクな人たちなのにねえ。

 でも、たぶんそいつらはそんなことを言ってたことさえ忘れて、インフレになったらインフレがけしからんと騒ぎ出すんだろうねえ。

 インフレターゲットとか言ってた政治家は、生活が苦しくなった国民に責められるから、それを日銀のせいにするだろうね。で、さっき言ったようにみんなで吊るし上げだ。次の日銀総裁(いやその次の日銀総裁かな)は、相当タフでないといけないね。

 そんな騒ぎを尻目に、賢い投資家は海外投資で資産を殖やす。いや防衛かな。あ、でも、どう動くかは自分で決めてね。

【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
なぜあなたは出世できないのか?
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品ガイド
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

no image
シャープとルネサスはどう違う?~理解不能な日本メーカー

 今回は経営危機つながりのシャープとルネサスまとめて2社の話。同じ経営危機と言っ …

no image
CB利回り20%のシャープは倒産か(後編)

 前回、シャープ倒産の可能性をホンハイとの提携交渉の経過に着目して考えてみた。今 …

panasonic
お帰りなさい、松下電器

 去年の中間決算のときだけ登場したパナソニックウォッチャー、再度登場。先週5/1 …

no image
安くておいしい店が見つけられる人は投資もうまくいく 

  お金を殖せる人は、無駄なものにはお金を払わない、本当に必要なものや価値あるも …

no image
頭が悪いほうが投資はうまくいく?

 このサイトでは、かなりの頻度で、頭が悪い人は投資はやめたほうがよい、バカはあき …

no image
シャープに2000億円出すのは誰?

 珍しくシャープウォッチャー、2日続けての登場。またまた今日も増資の話が出たから …

no image
「デフレがよかった・・・」と思う時代がやってくる?(前編)

 久しぶりにシャープ(やルネサス)以外の話。いや、ほんのちょっとは関係あるか・・ …

no image
リスクは取れ。ただし原則1つだけ。

 前回までの話と少し重複するが、現在の状況でも経済理論でも何でも単純化すべきとい …

no image
なぜ住宅ローンを組んではいけないと言われるのか(前編)

  世の中の雑誌や本などでは、住宅ローンを積極的に勧めているかと思えば、住宅ロー …

no image
なぜ住宅ローンを組んではいけないと言われるのか(後編)

 前回、住宅ローンが投資だということがわからないなら投資はやめたほうがよい、と述 …