投資の教科書

株式投資20年の投資家が語る 絶対に知っておくべき投資の真実

*

「デフレがよかった・・・」と思う時代がやってくる?(前編)

 


 久しぶりにシャープ(やルネサス)以外の話。いや、ほんのちょっとは関係あるか・・・。

 これまで日本ではデフレは悪、デフレを回避せよの大合唱だった(今もね)。多くの人にとってデフレのままのほうがいいはずなのにね(ちなみに筆者はインフレがいいけどな!)。

日本がデフレだと「仮定」すると

 最初にこんな前置きしておく。「日本がデフレだと仮定する」。

 デフレだとして、今日本がなぜデフレになっているのか?一言でいえば、構造的に機能不全を起こしている、日本経済が構造的に疲弊しているから。これが根本原因だ。日銀のせいにされているようだが、日銀の金融政策が原因ではない。

 だって実際に国債を出して公共投資をやってきたでしょ。景気が悪くなると、普通そういう行動をとる。経済が疲弊していたのは一目瞭然だ。

 で、バブル崩壊以降何百兆も使って国債残高は増えていった。

 本来なら、これだけ借金して財政出動したら、それなりに経済成長し、通貨の信任が下がって円安になる。そして物価も上がる。となると円安になり、輸出競争力もつき、製造業も復活!となるはずだった。

 だが、経済成長はせず、マーケットも円安にはならなかった。

 欧米は自分たちの通貨の信任は危ういし、まあ自分たちよりはマシな日本の国債を買っておきたいってことで(そんなには買ってないけどね)円が買われていたということだ。さらにアメリカなどは意図的にドル安にしてきた。

 ということで残念ながら「円安を使ってメーカーが復活する」というシナリオは描けなかった。

円高が原因でデフレ?ウソウソ

 そういえば、「円高が原因でデフレになっている」なんて話にもなっているが、これも違う。円高が原因でデフレなのではなく、円高はデフレに追い討ちをかけただけである。

 何度も言うが、デフレの要因の第一は、日本経済が制度疲労を起こしているからだ。制度疲労とは、製造業が輸出で儲け、稼いだカネを政府を通じて地方にばらまくという、戦後ずっと続いてきたシステムが機能しなくなったということだ。で、その原因は簡単。日本の製造業が弱くなったから。

 つまり、日本の製造業が弱くなったからデフレになっているだけなのに、その逆、デフレ脱却・円高阻止で製造業が立ち直ると思っている。

 それで日銀は半ば強制的に量的緩和をさせられているわけだが、さっきから言っているように日本のデフレの原因は貨幣的な要因ではないから、量的緩和でデフレは治らない。

 悲しいかな、正しい答え「デフレは構造的な要因」ということがわかっているのは、日銀だけだ(ただ、日銀も公務員や補助金たっぷりの製造業のように「既得権益者」であることに変わりはないのだが)。

 他はほとんどの人が「貨幣的要因」という前提に立っている。診断がそもそも間違っているのだ。そんなつもりはないと言っていても、政策はその前提に基づいている。だってデフレ脱却に金融緩和で対応してきたわけだから。間違った診断にもとづいて処方箋をかいているからトンチンカンなのだ。

 金融緩和は、デフレ脱却の燃焼促進剤にはなるが、根本的な解決はできない。産業構造を転換して規制緩和をして競争力が復活、そこで金融緩和をすると円安になって、支援材料になって企業の収益も伸びる。たとえば、競争力があるところにドル安になった米マイクロソフトはぼろ儲けだった。

テレビが値崩れしているのもデフレのせい?ウソウソ

 テレビが値崩れしているのはデフレのせい、というワケのわからない話もある。

 産業構造のシフトにより、価値のあったものがなくなった、つまりコモディティ化してしまったから値下がりしたのであって、デフレではない。

 商品の価値が下がったのに、それをデフレのせいだなんて見立て違いもいいところだ。 今メーカーが大変なのは、儲かりもしないものを売っているから。デフレだから大変なんて大間違いだ。

 つまり、「本当はデフレではない」のだ。

 モノの値段が下がったことをデフレと言うならデフレなのだが、サービス価格は上がっている。基本的には横ばいか上昇だ。電気代やガス代は20年で半額になどなっていない。

 日本が得意としている産業分野(「ものづくり」ってか?)の値くずれが激しく、その会社が苦しいだけなのだ。

 特定の商材の値段が下がっていることと、マクロ的なデフレの区別がついていない。あくまでも、単に特定の業者が困っているだけだということを認識しないといけない。

 だって、月1万円で介護や家政婦をやってくれるか?そんなサービスないだろ。

 ってなわけで続きは次回。

【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
なぜあなたは出世できないのか?
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品ガイド
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

no image
リスクも色々あるが

 株はギャンブルなのか?の回で、リスクはリターンのブレであり、リスクが高い=ブレ …

no image
投資の世界が胡散臭く見えてしまうワケ(前編)

 以前、投資はギャンブルとは本質的に違うことを述べた。これでギャンブルのイメージ …

no image
日銀っていうか日本がチキンレース突入

 今日はシャープではなく、日銀の量的緩和の話。もうあっちこっちで言われているから …

no image
シャープが倒産するかどうかは銀行次第?(後編)

 前回は、シャープがオロオロして当事者能力がなくても、銀行はとりあえず2000億 …

tore
ボーイングと長期契約を獲得した東レに注目

 合成繊維大手の東レが、米ボーイング社から航空機向け炭素繊維複合材の長期契約を獲 …

no image
すぐには役に立たない話。でもいつか役に立つ話シリーズ1:アメリカがえらいことになっているぞ(前編)

 最近、アメリカの潮目が変わったようだ。一応「ようだ」と入れておいたが、ほぼ確実 …

no image
頭が悪いほうが投資はうまくいく?

 このサイトでは、かなりの頻度で、頭が悪い人は投資はやめたほうがよい、バカはあき …

no image
今日はシャープの中間決算発表日。でもテーマはパナ。

シャープの中間決算は、ほぼ事前に漏れた情報通り4000億の赤字  さてさて、今日 …

no image
天才でも強運でもないフツーの投資家がすべきこと(中編)

 前回は、フツーの投資家がすべき経験と勉強のうち、経験について述べた。今回は勉強 …

no image
安くておいしい店が見つけられる人は投資もうまくいく 

  お金を殖せる人は、無駄なものにはお金を払わない、本当に必要なものや価値あるも …