投資の教科書

株式投資20年の投資家が語る 絶対に知っておくべき投資の真実

*

続:シャープが倒産するかどうかは銀行次第?(後編)

 

 前回は、「シャープの発表ではないが、4-9月期の赤字が8月に予想していた数字の倍(4000億)になるらしい。下期が予想通りだとすると期末の自己資本比率は12.5%ほどになる。これで銀行はもう貸せなくなるのでは?いや、そうでもないかも。」と書いた。今回はその続き。

 こんな状態になると、普通なら銀行もさすがに貸せなくなるのだが、日本の“普通”はちょっと違う。

銀行が貸すか貸さないかは「その場の雰囲気」で決まる
 ここまで自己資本比率を減らしてしまうと、あとはもう銀行が貸せるか貸せないかの評価に耐えうるのかが重要なポイントだ。
 ただ、リスクをとってはいけない立場の銀行は、本来ならばそうそう貸せない。

 しかし、“日本では”貸すか貸さないかの基準はそんなことではない。そのときの雰囲気で貸すか貸さないかを決める。
 日本でシャープを潰すなという声が大きければ貸すし、潰せ・貸すなという声が大きければ貸さない。

 だから、数字上貸せないラインに乗ったとしても、この国の雰囲気次第でまだまだ貸し込む。逆に言うと貸すべきときに貸さずに潰れてしまうこともある。

CBの償還をどうするか
 ここでもう一度筋論に戻って、運転資金ならともかくエクイティがわりの長期資金は貸せないとなると、来年9月のCBの償還はどうなるのか。

 そもそもCBはエクイティでデットではない。筋論でいけば、2000億円の償還資金はエクイティでまかなうべきだ。
 となると、銀行からは2000億増資してよと言うのが筋。すでに債権者であるわけだしね。

 で、現実的に増資できるのか?となると、こっちも出す人はそういない。落ち着きどころは1000億円融資で残りの1000億が増資といったところか。

 この1000億も出す人はいないだろうと思うかもしれないが、ちょっと前までいた。いや今もいるのか?ホンハイ。

ホンハイの増資はたとえ300億でも1000億以上の価値がある
 8月末までは確実に出資者候補だったホンハイ(鴻海)の話は、今ではパタっとなくなった。シャープの株価の下落で予定の670億から大幅に出資額を下げられそうになっていたが、仮に半額以下の300億でも、ホンハイが出すならただの300億ではない。

 さきほどの「増資1000億なら銀行も1000億融資するかも」という仮定の話に戻ろう。例えばファンドが300億出資するだけなら、これはただの300億だ。だから、銀行の融資条件を満たさない。

 しかし、ホンハイからの出資であれば、金額のほかに業績回復が担保される。稼働率と売上がコミットされるため、将来の不安が減る。したがって、金額そのものは少なくても1000億から2000億くらいの増資の効果があるとみなされる。
 ということで、銀行からすれば、ホンハイの300億はただの300億ではないのだ。

ホンハイなき後、やっぱり支援機構か?
 で、残念ながらホンハイの話はなくなった?ようなので、最低1000億、もし銀行も貸さないなら2000億の増資が必要だ。この金額を出してもいいというヤツなど支援機構くらいしかいない。

 しかし、支援機構もボランティアではない。非常事態に入ってきて売却、これにより確実に利益が得られなければ出資はできない。
 となるとやはり一旦潰す可能性がかなり高い。よくても大幅な債権放棄と既存株主の株主価値の毀損を受け入れさせるか、いずれにしてもただ増資を引き受けるわけはない。

いずれにしても「空気」が大事
 もちろん、支援機構も出資したくてしょうがないわけではない。こちらも「銀行がお手上げなら国が救え」という雰囲気であれば、という話だ。

 シャープはもちろんのこと、銀行も今瀬戸際だ。もう1回ホンハイと話をするよう説得するか?いやしないだろう。おそらく今はホンハイと提携しろという声より貸し込めという声のほうが大きいだろうから。

 ということで“空気”次第で、銀行はどんどん貸し込んでもくれる。

 株主やCBホルダーは、当分この空気が続いてくれることを祈るしかないのだが、いつその空気が変わるかわからない。その意味で、相当リスクが高いですわ、この銘柄。

 それにしても、シャープのCBは今すごいことになっている。10/18に43円まで下がっていた。これで利回り140%!紙くずになるリスクを冒すには低い利回りとも言えるだが、驚異的な数字だ。空気さえ完全に読めればそりゃ買っちまうさ。

 ちなみに、その後の10/24には57円まで上がっており、相場で結構儲けられたのだね。で、今日10/26の終値は54.5円。利回り90%か・・・。

 →シャープCBのチャート(大和証券)

【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
なぜあなたは出世できないのか?
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品ガイド
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

no image
天才でも強運でもないフツーの投資家がすべきこと(中編)

 前回は、フツーの投資家がすべき経験と勉強のうち、経験について述べた。今回は勉強 …

no image
便りがないのは悪い便り~週明けに何か起きそうな?シャープ

 「便りがないのはよい便り」という慣用句があるが、日本では当てはまらないことが多 …

no image
シャープ、ゾンビ化決定

今回はさすがに登場しなくちゃだめでしょ、シャープウォッチャー。 気が短いので、先 …

no image
すぐには役に立たない話。でもいつか役に立つ話シリーズ1:アメリカがえらいことになっているぞ(前編)

 最近、アメリカの潮目が変わったようだ。一応「ようだ」と入れておいたが、ほぼ確実 …

no image
支援機構はウロチョロするな(もしウロチョロしていなかったらゴメンナサイ)

 シャープウォッチャー久々の登場。  9/27にシャープとメインバンクが3600 …

no image
リスクも色々あるが

 株はギャンブルなのか?の回で、リスクはリターンのブレであり、リスクが高い=ブレ …

no image
なぜ住宅ローンを組んではいけないと言われるのか(中編)

 前回の続きで、頭金300万円と2700万円の借入で3000万円の住宅ローンを組 …

no image
CB利回り20%のシャープは倒産か(前編)

 前回、リスクの話をしたが、そのリスク、特に信用リスクについて身近に感じることが …

no image
CB利回り20%のシャープは倒産か(後編)

 前回、シャープ倒産の可能性をホンハイとの提携交渉の経過に着目して考えてみた。今 …

no image
複雑な商品ほどよく売れる~利回り20%の投信などバカなやつに買わしとけ(前編)

 前回の毎月分配型の投資のところで少し書いた「通貨選択型」投信についてもひとこと …