投資の教科書

株式投資20年の投資家が語る 絶対に知っておくべき投資の真実

*

支援機構はウロチョロするな(もしウロチョロしていなかったらゴメンナサイ)

 

 シャープウォッチャー久々の登場。

 9/27にシャープとメインバンクが3600億円の融資契約を結んだ。とりあえず銀行はまだマトモだったようで、資金繰りで飛ぶことのないよう一応追い貸しを実行したわけだ。これで9月中に飛ぶことはなかったシャープだが、相変わらず業績回復の見込みは立っていない。鴻海(ホンハイ)やインテルとの提携話にも進展はないようだ。

 といってもこれ、9月初めのコラム「シャープが倒産するとしたら銀行次第?」のときと何も状況は変わっていない。当時決めた2000億円規模の融資を実行しただけにすぎない。そこで述べたように、銀行がマトモなら追い貸しするのが当たり前なのだが、今回の銀行が3600億円を融資するというニュースは随分と大きく取り上げられた。

 企業再生支援機構の噂があっただけに、とりあえず首の皮1枚でつながったという安堵感(?)が大きかったのかもしれない。ただ、これでは一時しのぎにしかならないことは誰でもわかるだろう。今回の融資の期限が来年2013年6月末ということだが、当然来年の6月までは安心、という話にはならない。

 ここで、単純に今ある主な借金をまとめると(6月末現在)

 ・CP 3620億円
 ・短期借入金 3360億円
 ・CB(転換社債) 2000億円 期限:2013年9月末
 ・SB(普通社債) 1900億円
   期限: 2014年3月(300億円)、2014年9月(1000億円)、残りは2016年以降
 ・長期借入金 1230億円
 と、こんな感じだ。

 SBと長期借入金についてはまだ先の話なので放っておくとして、そしてCBも来年の9月なので少し余裕があるとして、とりあえずCBの償還前に何とかしなければならない金額はCPと短期借入金で7000億円だ。

 この数字は6月末時点のものだが、7月以降はCPを発行できなかったであろうと推測すると、CPについてはこの3620億円を7月~9月で返さなければならなかったはずだ。これについては待ったが効かないためおそらく銀行の短期融資で対応してきたものと思われる。

 これまで、そして今回の融資に関するメディアの情報から推測すると、9月末に1800億円の融資を実行するということから、これですべてのCPが短期借入金に化けたということになるのだろう。

 もちろん実際の数字は中間決算で明らかになることであり、この段階で推測する必要もないかもしれないが、資金繰り倒産の可能性が少なからずあるとなると、短期の借入金の金額や内訳はやはり気になってしまう。しかも、短期的に返さなければならない借金が7000億円もあれば、いつ飛ぶかと考えてしまう。

 とはいっても、これで当面の資金は全て銀行に握られたことになり、銀行側もこれだけ貸し込めばシャープと心中だ。そう簡単には引けないだろう。

 シャープの再建計画は2014年3月までにリストラで1000億円+資産の売却で2000億円の捻出など。これではまったく追いつかないが、銀行が借り換えに応じれば半永久的に借り続けられる(?)。あとは来年のCBの償還さえクリアしてしまえばとりあえず一安心だ。

 これで資金繰りで飛ぶことは避けられそうな気もするのだが、それもこれもシャープと銀行がまともであり続ければ、ということが前提となる。どちらかが投げ出したら終わりだ。

 さあ、ここで心配なのが企業再生支援機構の存在だ。本当に単なる噂ならよいが、もしウロチョロしているとなると、シャープも銀行も自力で再建なんて苦労を背負い込むのをやめて機構に頼ってしまうかもしれない。

 ただ、シャープにやる気があるのかどうかはともかく、銀行はこれだけ貸し込んだのだから、支援機構が入ってチャラにされても困るだろう。1800億円分とはいえ担保を取ったわけだしね。なので、もう首根っこつかんでいるのは銀行なのだから、銀行がシャープのケツを叩きまくるしかない。逆切れして支援機構に泣きつかない程度に。やはりシャープが倒産するかどうかは銀行次第か。

 というわけで、もう、シャープも早く話まとめてこいよ!そして支援機構よ、お前らは決して姿を見せるな。


【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
なぜあなたは出世できないのか?
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品ガイド
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

no image
今日はシャープの中間決算発表日。でもテーマはパナ。

シャープの中間決算は、ほぼ事前に漏れた情報通り4000億の赤字  さてさて、今日 …

no image
複雑な商品ほどよく売れる~利回り20%の投信などバカなやつに買わしとけ(後編)

 前回の続き。毎月分配の高配当の理由が必要になってきたことで登場した「通貨選択型 …

no image
シャープ、やっぱりホンハイと破局。一方で50億もらうのに必死

 シャープウォッチャー、一応チラッと登場。特に用はない。  わかっていたことだが …

no image
とりあえず覚えておいて損はない基礎知識

 投資をする際にあると便利なのが、マクロ経済の知識だ。経済と聞いただけで引いてし …

no image
リスクは取れ。ただし原則1つだけ。

 前回までの話と少し重複するが、現在の状況でも経済理論でも何でも単純化すべきとい …

no image
複雑な商品ほどよく売れる~利回り20%の投信などバカなやつに買わしとけ(前編)

 前回の毎月分配型の投資のところで少し書いた「通貨選択型」投信についてもひとこと …

no image
天才でも強運でもないフツーの投資家がすべきこと(後編)

 何に投資をすればよいかは時代によって変わる。日本経済が成長していた頃、1990 …

no image
シャープ1000億増資って「公的資金で資産買取」とセット?

 シャープウォッチャー1ヶ月ぶりの登場。久々の登場にはそれなりのわけがある。この …

runesasu
ルネサス、5ヶ月間何やってた?!

 ルネサスちょこっとウォッチャー5ヶ月ぶりの登場。  そう、5ヶ月前とは、ルネサ …

no image
クアルコム、もうシャープに用はなくなった?!

 シャープウォッチャー約2週間ぶりの登場。特に状況は変わっていないが。で、特に書 …