投資の教科書

株式投資20年の投資家が語る 絶対に知っておくべき投資の真実

*

便りがないのは悪い便り~週明けに何か起きそうな?シャープ

 

 「便りがないのはよい便り」という慣用句があるが、日本では当てはまらないことが多い。いついかなるときも、と言っているわけではなく、意思決定が必要なときに沈黙が続いた後には大抵ろくでもない結果になるという意味だ。

 9/10~の週には、結局シャープと鴻海(ホンハイ)のトップ会談はなく、というより台湾に行ってもおらず、リストラやコスト削減に関する情報にも目新しいものはない。

 で、出てきた情報といえば、
・協業の交渉は「粛々」と継続していると経営幹部が言ったこと
・創業100周年にあたり奥田社長が社員2500人の前で「全社一丸となって難局を乗り越える」との訓示を垂れたこと
 くらいだ。

 この情報、大したことなさそうに見えるが、長い沈黙と併せて、実にいや~な予感がする。

 まず、「粛々」。これは公務員用語で「何もしない」という意味だ(あ、辞書を引いても出てこないよ)。前々から、提携なしも視野に入れている、などとやる気のないことを言ってはいたが、とうとう何もしないよ、と言っちまったわけだ。

 こんな風に「やりたくない提携なんかしないもんね」と今開き直れるようになったのは何故か?やはり「企業再生支援機構」に救ってもらえるからなのか?と勘ぐってしまう。リストラも大してせずにお上に救ってもらえるなら万々歳だ。社長の「全社一丸となって乗り切ろう」などという訓示にも、もう余裕すら感じられる。

 仮に企業再生支援機構の話が本当なら、今はシャープと経産省と機構とで話を詰めている時期だ。だから沈黙が続いているのかもしれない。

 となると、話が出てくるのは今週中のどこかか?でも19日にJALの再上場があるのに、シャープ破綻の情報をわざわざ出すわけがない。もし出てくるとすれば金曜の場が閉まった後か・・・と妄想は膨らむ一方だが、果たしてどうなるか。

 もちろん、これはあくまでもこの企業再生支援機構の話がガセネタでないなら、という前提の話だ。なので「妄想」と言っている。

 しかし、株主とCBホルダーにとっては話が出てからでは遅すぎる。本当なら週明けにも急いで売らなきゃいけない。もうシャープの経営陣より大変だ。いや、これからは日本に投資などしてはいけないという、いい教訓かもしれない。

【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
なぜあなたは出世できないのか?
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品ガイド
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

no image
すぐには役に立たない話。でもいつか役に立つ話シリーズ1:アメリカがえらいことになっているぞ(中編)

 オバマ政権2期目の人事がすごいことになっているぞ、という話の2回目。前回の国務 …

no image
「デフレがよかった・・・」と思う時代がやってくる?(後編)

 前回は、「デフレの原因は何か?ってか、デフレじゃないし」というところで終わった …

no image
今日はシャープの中間決算発表日。でもテーマはパナ。

シャープの中間決算は、ほぼ事前に漏れた情報通り4000億の赤字  さてさて、今日 …

no image
CB利回り20%のシャープは倒産か(後編)

 前回、シャープ倒産の可能性をホンハイとの提携交渉の経過に着目して考えてみた。今 …

no image
天才でも強運でもないフツーの投資家がすべきこと(後編)

 何に投資をすればよいかは時代によって変わる。日本経済が成長していた頃、1990 …

no image
CB利回り20%のシャープは倒産か(中編)

 シャープ(コード:6753)の業績が悪化していることはもう有名だが、特に今年度 …

no image
ルネサス2000億ゲット!でもちょっと延命するだけだよ

 一昨日(2012/10/11)、ルネサスと革新機構と外資ファンドとと題して、ル …

no image
天才でも強運でもないフツーの投資家がすべきこと(前編)

 このサイトでは最近「こんなヤツは株なんかやめてしまえ」のトーンが続いていたが、 …

no image
投資家は評論家になってはいけない

 投資家の中には少なからず評論家がいる。評論家といっても本物のことではない。巷に …

no image
卵は1つの籠に盛れ

 投資の格言だの教訓だのといわれるものの1つに「卵は1つの籠に盛るな」というもの …