投資の教科書

株式投資20年の投資家が語る 絶対に知っておくべき投資の真実

*

シャープ周辺の怪しげな動き~ホンハイと提携せず、公的資金投入か(後編)

 

 前回の続きで、週末から今週にかけてあったシャープ周辺の怪しげな動き下記3つ

 ①シャープの筆頭株主が野村證券に(その前はモルスタ)【EDINETに情報あり】

 ②経産省主導で企業再生支援機構を通じてシャープに公的資金投入か?【噂?】

 ③IGZOの技術供与巡りホンハイとの交渉難航、先週のトップ会談実現せず【産経新聞】

 の2つめから。

 前回の最後に触れたように、②の「経産省主導で企業再生支援機構を通じてシャープに公的資金投入」という話は真偽不明だ。

 これは、ある経済ジャーナリストのブログに書かれているのだが(本文はメルマガにあるらしくブログで公開している部分はほんの数行)、それによるとこの発言は経産省のOBのものらしい。
 ただ、経産省はこういう大風呂敷(「大ボラ吹き」ではない)を広げたがるヤツがゴロゴロいるので、OBも含めて「言った人がいる」というレベルならウソではないのだろう。

 経産省主導かはともかく、単にシャープは大きすぎて潰せないからというだけで、今後何で稼ぐのか見えないまま公的資金を突っ込む可能性はある。何せ日本だから。

 こうなると、シャープの「ホンハイとの提携もイヤ、リストラもイヤ」のわがままも通るだろう。また、一旦上場廃止→再上場でこの機構も儲かる。で、損をするのは既存の株主と債権者だけ。株は紙くず、2000億円のCBもデフォルトだ。CBは1~2割でも返ってくれば御の字だろう。・・・などと想像され、今シャープに投資している人(がいれば)にとっては、何としてもやめて欲しいスキームだ。

 さて、③のホンハイとの交渉が難航しているという話だが、何度も言うようにシャープはホンハイとの提携には乗り気ではないようだ。さらにホンハイ側の条件が厳しくなってきたこともあり、というより元々戦略があって徐々にハードルを上げているのだろうが、シャープは追い詰められたような状態になっている。

 ただ、もう会社がなくなるかどうかの瀬戸際に、しかも提携する企業に「技術が流出するのがイヤ」ってどういう思考回路なのだろう。とにかく交渉できる材料があるなら、今はどれだけ高く売るかを考えなければならないのに、その段階にも行っていないようだ。もう提携したくない、ありきなのだろう。

 そのシャープに救いの神が現れたかのような話が、①野村筆頭株主&MSCB発行の憶測話(前回参照)、②の公的資金投入の噂話だ。どちらかが現実なら、シャープはいやいやホンハイと提携する必要もないし、リストラも甘くて済むだろう。従業員にとってはこのうえなくハッピーだ。

 とはいっても、いまどきMSCBで資金調達など非現実的だ(・・・なはずだが、野村ならやりそう、ってことなのか)。ただ、これはうまくいけばシャープの経営者や従業員だけでなく、今の債権者にも都合がよい。償還資金が調達できるかもしれないからだ。泣くのは株主だけ。

 公的資金投入は考えられるが、本来ならばホンハイと少しでも有利な条件で提携をして、売れる資産は売り、大リストラをすれば健全な形で残れるものを、結局甘やかして不良債権企業として残す形になる。経営者の首も株も債権も吹っ飛ぶ。オイシイのは残った従業員と支援機構だけ。

 まあ、そもそもこんな噂話を比較するのは、妄想の世界でしかないのだが、シャープのCB利回りがもう50%近いのは妄想ではなく現実だ。 → シャープのCB価格(野村證券のHP

【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
なぜあなたは出世できないのか?
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品ガイド
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

runesasu
ルネサス、5ヶ月間何やってた?!

 ルネサスちょこっとウォッチャー5ヶ月ぶりの登場。  そう、5ヶ月前とは、ルネサ …

no image
シャープのCBと同じ「利回り20%」の投信ってのはどうなんだ?!(前編)

 そういえば、一度利回り30%を超えたシャープのCBも今日8/15は22%まで戻 …

no image
なぜ住宅ローンを組んではいけないと言われるのか(前編)

  世の中の雑誌や本などでは、住宅ローンを積極的に勧めているかと思えば、住宅ロー …

no image
CB利回り20%のシャープは倒産か(後編)

 前回、シャープ倒産の可能性をホンハイとの提携交渉の経過に着目して考えてみた。今 …

no image
「初心者は長期投資」というのはウソ

 よく「初心者は長期投資をすべき」と言われているのを耳にするが、当たり前だが、そ …

no image
天才でも強運でもないフツーの投資家がすべきこと(後編)

 何に投資をすればよいかは時代によって変わる。日本経済が成長していた頃、1990 …

no image
投資理論なんかクソ食らえ

 前回の卵の話に関連して、投資理論の話をしよう。「卵は1つの籠に盛るな」というリ …

no image
投資の世界が胡散臭く見えてしまうワケ(前編)

 以前、投資はギャンブルとは本質的に違うことを述べた。これでギャンブルのイメージ …

no image
シャープ、ゾンビ化決定

今回はさすがに登場しなくちゃだめでしょ、シャープウォッチャー。 気が短いので、先 …

no image
アメリカがひきこもると日本は中国のものになる?!(3)

  前回の続き。といってもだいぶ間が開いてしまったので、  アメリカがひきこもる …