投資の教科書

株式投資20年の投資家が語る 絶対に知っておくべき投資の真実

*

複雑な商品ほどよく売れる~利回り20%の投信などバカなやつに買わしとけ(後編)

 

 前回の続き。毎月分配の高配当の理由が必要になってきたことで登場した「通貨選択型」だが、いかにも複雑そうな名称だ。

 ちなみに、通貨選択型の投信というのは、こんなイメージらしい。どの商品のパンフレットを見ても、証券業協会のホームページでも同じ絵を使っている。

「この絵がイメージ?」というくらい全然わからない。が、カモになる人たちは「この工夫で高利回りを実現させているんですよ~」と説明されてまた納得する。

 しかもこの商品、売っているヤツもおそらくまともな説明はできないだろう。為替ヘッジだの為替プレミアムだのと専門用語チックに説明してわかった気になっている。だから「為替プレミアムってな~に?」と聞いてもまともな説明は返ってこない。しかしその説明は必要ないのだ。バカな投資家はそんなこと聞いてこないから。

投信+FX→通貨選択型投信
 さて、この投信にごちゃごちゃした説明は必要ない。単にタコ足配当の理由に、「為替ヘッジをしている」と言い訳を加えただけの投信だ。そして、その為替ヘッジとは何をしているかというと、「FX」。ただそれだけのこと。はい、説明終わり。だ。

 だから、ただのタコ足という意味で毎月分配型投信と本質的に同じだと言ったのだ。通貨選択というのはただの言い訳でしかない。しかし、この言い訳にはかなりのリスクがはらんでいる。そりゃそうだ。FXやってるわけだから。

 もうちょっと言うと、こんな感じだ。単に投資対象(一例:外貨建てで新興国債券)に投資する以外にFX部分が付け加わるので(上の絵でいうところのBの部分)、投資対象とは違うもう1つの通貨が登場してくる。一体何やってんだかわからない商品に見えるが、とにかくBの部分はレバレッジを効かさないFXを行って通貨間の金利差で儲けるという理屈なのだ。

 しかし、売る人はちゃんと「FXやってます」と説明しているのだろうか(しているわけないが)。それに、投資家も、毎月分配型がわからないのに、通貨選択型がわかるのか?と聞きたいが、意味がわからければわからないほど投資商品はよく売れるらしい。

「3階建て」って損失無限大かよ?!
 しかも、この後はFX失敗で資金流出となり、さあ大変。別の理由を考えないといけない。そこで第三弾(通貨選択型だけなら第二弾)の商品が出た。FXはそのままで、そこへ3階建てと称して、コールオプションの売りをくっつけたのだ。いいか?よく聞け。オプションの売りだぞ、売り。言っとくが、いや言わなくてもわかるだろうが、オプションの売りってのは損失無限大だぞ。おまえらそれでいいのか?!と聞きたくなるが、やはりこれも飛ぶように売れている。

 リターンが高いということはリスクも高いという理屈から外れていることがわからないのか、そんなうまい話があると思ってしまうのか。この辺は前回書いたので省くとして、わけがわからないのに買ってしまうようなバカには、そのまま買わせておけばいい。どうせこんなものをホイホイ買うのは、年金をもらい逃げできる年寄り連中だろう。マクロ的には所得移転になって実によい。いや、カネが日本から海外に流出しているということになるからよくないか?いや、やっぱりよいことだ。

【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
なぜあなたは出世できないのか?
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品ガイド
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

no image
投資の世界が胡散臭く見えてしまうワケ(前編)

 以前、投資はギャンブルとは本質的に違うことを述べた。これでギャンブルのイメージ …

no image
とりあえず覚えておいて損はない基礎知識

 投資をする際にあると便利なのが、マクロ経済の知識だ。経済と聞いただけで引いてし …

no image
CB利回り20%のシャープは倒産か(前編)

 前回、リスクの話をしたが、そのリスク、特に信用リスクについて身近に感じることが …

no image
シャープのCBと同じ「利回り20%」の投信ってのはどうなんだ?!(後編)

 前回の続きで高利回りのタコ足配当の投信について。  普通に考えれば、今どき20 …

no image
「初心者は長期投資」というのはウソ

 よく「初心者は長期投資をすべき」と言われているのを耳にするが、当たり前だが、そ …

no image
シャープ、結局支援機構頼みか?!

 ごくごくまれにしかウォッチしないシャープウォッチャー、1ヶ月ぶりの登場。  毎 …

panasonic
お帰りなさい、松下電器

 去年の中間決算のときだけ登場したパナソニックウォッチャー、再度登場。先週5/1 …

no image
卵は1つの籠に盛れ

 投資の格言だの教訓だのといわれるものの1つに「卵は1つの籠に盛るな」というもの …

chart01
不可解な金利の低下。どちらかが間違っている!

 前回投稿から、かなりの時間が経ってしまった。この間、ただ寝ていたわけではない。 …

no image
日銀のブレない人々

 今回もシャープの話じゃなくてすまん。前回に引き続き、またまた日銀の話。でも今回 …