投資の教科書

株式投資20年の投資家が語る 絶対に知っておくべき投資の真実

*

リスクも色々あるが

 

 株はギャンブルなのか?の回で、リスクはリターンのブレであり、リスクが高い=ブレが大きいものはリターンも大きい傾向にあると述べた。

 このときのリスク=リターンのブレというのは、「マーケット(市場)リスク」と呼ばれるもので、企業の業績、経済情勢、為替、金利など、様々な要因で価格が上下する。

感覚的にわかりやすいのが「信用リスク」
 しかし、感覚的には、リスクとは投資したら損をする確率のように思える。実はこれに近いリスクもある。

 「株を買ったらその会社が潰れてしまった」「債券を買ったが元本が返ってこない、金利がもらえない」といったように、投資先がどうなるかわからないリスクを「信用リスク」という。まさに投資したものがゼロになってしまうかもしれない、損をするかもしれない、という感覚に近いだろう。

売りたいときに売れない、というリスクもある
 買ったものが売れないリスクもある。これは「流動性リスク」という。もともと出まわっている量が少ない株などは、仮に運良く買うことができても、売りたいときに売れないことがある。

 また不動産も株のように今日売りたいからといってすぐ売れるものではない。したがって、一般的に株より不動産のほうが「流動性が低い」、「流動性リスクが高い」、ということになる。

個人投資家が理解しておけばよいリスク
 リスクを細分化していけば、金利、為替など、他にも色々とあるのだが、大雑把につかんでおけばよいリスクはこのマーケット、信用、流動性リスクくらいだろう。

 プロの投資家は運用方針によって、リスクの取り方はさまざまだ。極端に言えば、たとえ流動性が低くても、また投資先が潰れてしまうようなリスクを負っても、利回りの高い商品に投資をしなければならない場合もある。

 逆にリスクはここまで、と決まっているために、計算上倒産確率が30%と出てしまえば、実際には倒産することなどないような企業の株や債券を手放さなければならないこともある。

 また、投資家の日々の解約に備えるために、利回りを多少犠牲にしても毎日換金できる流動性の高い商品にも投資をしておかなければならない。

 しかし、個人投資家は、まずは値段の動きの大きいものはリスクが高いことを意識しておけばよい。信用リスクは利回りや値動きに反映されるため、また前述のように感覚的にわかりやすいため、敢えて意識しなくても大丈夫だろう。

 たとえば、利回り7%の債券と不動産の投資を検討しているとする。まず債券であれば、現在の水準で7%の金利は高いため、おそらく多くの人が自然と「これ大丈夫かな?」と考えるだろう。つまり、極端に利回りの高い商品へ投資をしたくなっても、普段意識する程度のリスク感覚があれば一旦思いとどまるだろうということだ。

流動性リスクを意識するとき
 流動性リスクについてはまれに気をつけなければならないときがある。

 個人投資家の投資額はたかがしれているが、それでもその額さえ日々取引されない銘柄もある。そんな銘柄を買おうと思ったら自分の買い注文1つでその銘柄の価格が操作できてしまうこともある。また、売るに売れずに1週間くらいかけて1株ずつ丹念に注文していかねばらないこともある。

 不動産投資においては特に流動性の低さを考慮に入れなければならいだろう。借り手がつかないから即売却などと簡単にはいかない。

 この流動性の低さを考えた場合、ちょっと利回りが高いだけでは、まったく割に合わない投資になってしまう。だから今の不動産投資は海外に目が向いている。アメリカの不動産などは場所によっては20~30%の利回りをたたき出すものもる。流動性の低さを考えたらこれくらいはないと、ということだ。

 ちなみに、アメリカの不動産は日本より流動性は高いが、やはりすぐに売れるものではない。とはいえ、この利回りの高さは流動性の低さだけからくるものではなく、エリアが悪い、実は固定資産税がバカ高い、など安いなりの理由があるのかもしれない。それらもリスクとして織り込まれての利回りなのだろう。

 このように投資する商品・銘柄によっては、と前提がつくが流動性についても日ごろから意識しておいたほうがよい。

【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
なぜあなたは出世できないのか?
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品ガイド
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

no image
天才でも強運でもないフツーの投資家がすべきこと(前編)

 このサイトでは最近「こんなヤツは株なんかやめてしまえ」のトーンが続いていたが、 …

no image
シャープのCBと同じ「利回り20%」の投信ってのはどうなんだ?!(後編)

 前回の続きで高利回りのタコ足配当の投信について。  普通に考えれば、今どき20 …

no image
支援機構はウロチョロするな(もしウロチョロしていなかったらゴメンナサイ)

 シャープウォッチャー久々の登場。  9/27にシャープとメインバンクが3600 …

tore
ボーイングと長期契約を獲得した東レに注目

 合成繊維大手の東レが、米ボーイング社から航空機向け炭素繊維複合材の長期契約を獲 …

no image
シャープ、米クアルコムに50億でIGZO売り飛ばし?

 シャープウォッチャーかなり久々の登場。前回同様、状況はあまり変わっていないが。 …

no image
頭が悪いほうが投資はうまくいく?

 このサイトでは、かなりの頻度で、頭が悪い人は投資はやめたほうがよい、バカはあき …

no image
シャープ周辺の怪しげな動き~ホンハイと提携せず、公的資金投入か(後編)

 前回の続きで、週末から今週にかけてあったシャープ周辺の怪しげな動き下記3つ   …

no image
今日はシャープの中間決算発表日。でもテーマはパナ。

シャープの中間決算は、ほぼ事前に漏れた情報通り4000億の赤字  さてさて、今日 …

no image
CB利回り20%のシャープは倒産か(中編)

 シャープ(コード:6753)の業績が悪化していることはもう有名だが、特に今年度 …

no image
シャープ1000億増資って「公的資金で資産買取」とセット?

 シャープウォッチャー1ヶ月ぶりの登場。久々の登場にはそれなりのわけがある。この …