投資の教科書

株式投資20年の投資家が語る 絶対に知っておくべき投資の真実

*

とりあえず覚えておいて損はない基礎知識

 

 投資をする際にあると便利なのが、マクロ経済の知識だ。経済と聞いただけで引いてしまう人も多いかもしれないが、覚えておけばよいのは、株価・金利・為替・物価・景気の基本的な関係だけだ。ただし、最初に言っておくと「この法則性を覚えましょう」などという話ではない。

景気がいいと「株価・金利・物価・為替」は上昇
 まずは景気と「株価・金利・為替・物価」との関係だが、これはすぐわかるだろう。景気がよくなれば、株価・金利・為替・物価も上昇する。

 景気がよければ、企業は儲かるため業績がよくなり、その企業の株に魅力が出てくる。投資家の家計も給料が増え潤ってくるため、株を買おうという人が増える。そして株高になる。

 企業は生産を拡大しようと設備投資のための資金を借りようとする。景気がよければそのような企業が増えるため、資金需要が高まり、金利は高くなる(=債券価格は低下する)。

 そして、景気がよいということは、モノの需要も高まり物価が高くなる。外国人は景気のよい日本に投資をしようと円を買う外国人投資家が増え円高になる。

と、このような流れになる。

金利が上がると株は下落、為替は上昇
 金利が高くなると、企業にとっては資金調達のコストが増えることになり、業績が悪化する。そのため、株が安くなる。

 そうなると投資家は、株よりも安全な資産へ、また預貯金の金利が高ければ預金へと、資金をシフトさせるために、株離れが進み株価が下がる。

 金利が下がれば逆に株で運用する人が増え、株価が上がる。

 為替については、金利が高くなれば、金利の低い国から金利の高い国へ資金が流れ、流れてきた国の通貨は高くなる。

円高になると「株価・物価・金利」は下落
 為替と株の関係は「円高になると株安になる。」と言われるのをよく耳にするためわかっている人が多いだろう。

 念のため説明しておくと、輸出の割合が高い企業は業績が悪化するため株安になり、輸入の割合が高い企業の業績はよくなるので株高になる。が、日本の代表的な企業は輸出産業といってよいため、全体としても円高になると株安となる傾向にはあるということだ。

 為替と物価の関係は言うまでもないだろう。物価は円高になれば下がり、円安になれば上がる。円安になると輸入品そのものの値段が上がるのはもちろん、連鎖的にモノやサービスの値段が上がってくる。例えば石油製品や輸送コストは石油価格が上がれば上がってくる。

 金利については、円高になれば対円で為替が安い国より、日本の債券の人気が上がり債券価格が上がる。つまり金利は下がる。

金利が上がると株は上昇。え?さっきと違う
 念のため、ここで債券と金利の関係を説明しておきたい。債券と金利は表裏一体の関係だ。

 債券が買われれば債券価格は上昇する。価格が上昇するということは、上がった値段で債券を買った人が受け取る利回りは下がってしまう。つまり金利は低下するということになる。逆に安い値段で買えば、利回りが上がることになる(金利上昇)。

 この関係がわかっていれば、たとえば投資家が債券を売って株に乗り換えると、債券下落=金利上昇、そして株が上がる。ということがわかる。つまり金利が上がると株が上がるというわけだ。

 ということは、逆もわかるだろう。株が売られて債券が買われれば株が下がって金利が下がる。

 前述の「金利が上がると株は下がる」はウソということになる。いやならない。ウソなのではなく、金利があがった理由や株が売られて何が買われたかでも違ってくる。よくよく考えれば「状況によって変わる」ことはわかるだろう。

小難しい話をする専門家の言うことは無視
 このように教科書的には法則性はあるにはあるのだが、このようにどちらにも動くものもある。もっというと、法則通りには動かないこともある。法則通りの単純なケースは稀で実際には色々な要素が絡み合って変化する。

 したがって、法則に照らし合わせてどの要因が強いのか、別の特殊要因があるのかなどと考えていくわけだが、それを想像して終わりだ。誰にも「本当の答え」などわからない。

 アナリストなどの専門家の話は「難しくて何を言っているのかわからない」、「なんとなく矛盾している気持がする」などと感じる人、それは当然とも言える。彼らは「後付」でこの法則性を小難しく、そしてもっともらしく説明しているだけだ。

 話は単純に、小学生でもわかるような表現で説明ができて初めてまともな説明といえる。とにかく難解で専門用語(あなたがわからなかったら専門用語と思ってよい)てんこ盛りの説明をしている人の話はスルーしてよい。

 冒頭で述べた「この法則を覚えろという話ではない」いう意味はここにある。専門家たちの話はこういう話がベースでそれを素人にはわからないように複雑に説明しているだけのことだということがわかっていれば、情報を取捨選択できるということだ。

【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
なぜあなたは出世できないのか?
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品ガイド
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

no image
CB利回り20%のシャープは倒産か(前編)

 前回、リスクの話をしたが、そのリスク、特に信用リスクについて身近に感じることが …

no image
リスクも色々あるが

 株はギャンブルなのか?の回で、リスクはリターンのブレであり、リスクが高い=ブレ …

no image
シャープ、米クアルコムに50億でIGZO売り飛ばし?

 シャープウォッチャーかなり久々の登場。前回同様、状況はあまり変わっていないが。 …

no image
支援機構はウロチョロするな(もしウロチョロしていなかったらゴメンナサイ)

 シャープウォッチャー久々の登場。  9/27にシャープとメインバンクが3600 …

no image
アメリカがひきこもると日本は中国のものになる?!(1)

 前回は3回にわたって、オバマ政権2期目の人事から、オバマは自信満々で独裁っぷり …

tore
ボーイングと長期契約を獲得した東レに注目

 合成繊維大手の東レが、米ボーイング社から航空機向け炭素繊維複合材の長期契約を獲 …

no image
投資の世界が胡散臭く見えてしまうワケ(後編)

 投資理論というのは、何度も言うように絶対的なものではなく、1つの考え方と言って …

no image
続:シャープが倒産するかどうかは銀行次第?(前編)

 久々にシャープネタ。まあ、あまり状況は変わらないのだが。 赤字額は2倍でした? …

no image
日銀っていうか日本がチキンレース突入

 今日はシャープではなく、日銀の量的緩和の話。もうあっちこっちで言われているから …

no image
シャープ周辺の怪しげな動き~ホンハイと提携せず、公的資金投入か(前編)

 しつこいが、またまたシャープの話。 週末から今週にかけて、シャープの周りでなに …